そろそろ、丁寧に生きる。

わたしの脳みその中の翻訳したもの。

みなさん、夢や将来の目標を持ってますか?

 

口に出して言うと、良いなんて事は言われますけど、黙っていたい夢だってあるじゃないですか。

 

その代わり、その夢を達成するための努力や、勉強は決して怠ってはいけないと、そう思います。

 

私も人間ですから、もっと若い時、自分が取り組み始めたばかりの物事について、熱く語り、まだ成功していないのに、成功したかのように振舞ったりしていました。

 

それを突き通して、本当にそうなれば良いと思いますが、途中でやめてしまって、結局なんでも無くなってしまう。そんなことがありました。

 

コツコツと、自分のペースで確実に。

語りたい気持ちを抑えて、成功した時に、知りたい人にだけ、語り、決して軌跡を自慢せず、傲慢にならず、常に自己研鑽していくような、そんな自分を将来に見るようになりました。

 

今もそうです。

 

「日々勉強」以外の言葉は見つかりません。

何を言われようと頑張る、でもそう言われると言う事は、何か自分から成功していないことを発信してしまっている。

そのように考えるようになりました。

 

もちろん、政治世界や、企業の株主報告会の様な場では、それぞれの展望や取り組むべき事について語る必要があります。

だから賛否両論、だれかになにかを言われる覚悟を持って、取り組んでいくのだと思います。

 

まずは、一人の人間として、自分にしか影響が出ない事については、内に留め集中し、成功もしくは達成した時に初めて、自分の外へ出せば良いのかもしれないという考え方に変わっています。

 

その繰り返しです。

 

夢を追い、目標をきめる。

目標は一つではなく、いくつも出来るもの。

 

目標を一つクリアしたら、次の目標へとりかかる。

それが夢へつながっていったり。

 

時に夢は変化して、気づいたら夢の中にいる場合もありえます。

そんな時は夢から覚めて、また新しい夢を見ようと行動するのも、良いのかもしれません。